安田の長文ツイート

ツイッター:@xNelonex

ひさびさです。

久しぶりです。ブログを書くのは2ヶ月ぶりらしいです。なんで戻ってきたかと言うと、「自分で文章を書いていると客観的になって気づくことがある」と気づいたからです。みんなもブログやSNSを書いていこう。

ではつまらない近況から。

今年から社会人になりました。IT系です。6月まで研修をしていて、7月から実務に入りました。実務は今のところ、新人だからか手加減してもらえていて、割と簡単です。すでに完成されたシステムのテストとかね。周りはみんな忙しそう。俺も忙しくなっていくかもね。

私生活では絵を描いてます。あ、それについて話すことあったわ。絵を描く人との繋がりが欲しいのと、承認欲求でTwitterのアカウントを作った。それで、ハッシュタグを使って「#絵描きさんと繋がりたい」と自分の絵を添えてツイートしたのね。そしたら6いいねぐらいついたの。ありがたいですね。んで、いいねしてくれた人を全員フォローしたら、なんとフォローバックまでしてくれた人は1人でした。それぞれプロフィールを見に行くと、フォローに対してフォロワーがたくさんいました。つまりこう言うことです。「お前とは繋がる気ないけど、フォローしてくれ」。俺は肥やしにされたわけですね。ハッシュタグでツイートしてる人たちを見てると、大体がこんな感じだ。みんな口では繋がりたいと言っているが、実際は繋がらずに自分の絵を見てもらいたいのだ。俺の見解合ってます?いや違うかもしれない。俺に魅力がないのだ。俺の絵には魅力がない。だから本当の意味で繋がりたい人は来ずにフォローして欲しい人だけが来たのだ。

なんか久々にブログ書いたのに愚痴っぽくなってすいません。

俺はどこのコミュニティに行っても人に好かれない。このブログだって別に伸びてるわけじゃない。理由はわからない。先ほど、文章を書いていると自分について気づくことがあると書いたが、まるでわからない。だから「魅力がない」と俺は結論づけた。いつか理由がわかって改善される日は来るのだろうか。

無償の愛

本来、自分は自分のために生きるべきであって、他人のために生きているわけではない。でも、人間の中には他人のために生きている人もいる。そういう人たちを俺は理解できない。ボランティアで誰かが捨てていったゴミを拾う人などがそうだ。なんで誰かが悪意を持って捨てたもの拾うという尻拭いをしなければならないのだろうか。身近な例を挙げると、家族の愛がそれにあたる。でも前者と違うのは、他人と関係があるかないかということだ。前者は何も関係がない人たちに対して愛を向けているのに対し、後者は家族という関係がある人たちに愛を向けている。これらの無償の愛を知らない他人へ向ける人たちのおかげで俺は快適に生活ができているし、世の中が回っているような気がする。マナーの悪い人たち、自分のことしか考えられない人たち。その人たちが捨てていったものを無償の愛が拾い上げている。もし愛がなくなれば、人はいなくなるだろう。俺は、家族などの関係もないのに、無償の愛を与える人たちを一番に尊敬しています。自分には到底できないことだから。もちろん、家族にも感謝しています。家族から受けた愛のおかげで、俺はまともに成長することができたし、愛を知ることができた。

近況報告

今日は近況報告をします。なので面白くないと思う。

俺のことを知らない人のために言っておくと、4月からIT企業に入社しました。その近況報告をします。

まず4月3日に入社式ですね。入社式はどうせ大したことないんだろうと思っていた。でも、花やら横断幕やらとセッティングがしっかりしていて、一気に緊張した。

その後、研修をして、社長とバイキングで食事に行った。俺はバカなので、バイキングで最初にスイーツを取ったら、社長に「バイキングに行ったことないの?」、「自分の子どもだったら叱ってる」と怒られました。でもね、私は言いたい。社長もおかしいんですよ。入社式の会場から社長が車を出してくれたんですけど、バイキングの会場に着いた途端、社長はこう言いました。「現地解散で良い?大丈夫?」、、、、は?俺は自分の車を置いて社長の車に乗ってきたんですけど。俺はどうやって戻ればいいんですか?そんなことは言えるはずもなく、「大丈夫です!」と言いました。他の社員に「本当に大丈夫ですか?」と聞かれた時はちゃんと「大丈夫じゃないです」と言えました。

研修は会社じゃなくて外部に委託して行うみたいです。今は外部の研修先に出向いてITの基礎を勉強しています。それがね、マジで眠い。今まで夜中まで起きて昼に起きる生活をしていたから、朝早く起きて講師の話を聞くのが本当に辛い。そして今までほとんど座っていなかったのと、姿勢が悪かったことが災いして、座っているだけなのも辛い。俺はね、研修が始まって2日で「もう帰りたい」と家の中で思ったよ。

あとはそうだなあ。同僚という仲間たちのことを話しておくか。結論から言うと、仲良くなれてないです。なんか、ね。自分から話そうと言う気がしないんですよ。なんでかというと、仲良くなれる気がしないからです。人って第一印象で大体決まるじゃないですか。俺は第一印象の感覚が偏見に満ちているんだと思う。最初から「この人とは仲良くなれそうにないな」と。不安にさせるようなことを言いましたが、普通に喋ることはできてます。ただ、仲良くなれそうはないなってだけです。

プライベートはもうダメそう。仕事後の時間配分ができていなくて、全然勉強をしていない。Twitterも全然面白いツイートが思いつかない。社会人になって仕事を始めたらTwitterをしなくなるというTwitterオタクあるあるがあるが、俺は違うと思っていた。これが社会の弊害だと言うのか。

これからは本格的に研修を進めていくそうです。明日はビジネスマナー研修だ。一番やりたくない。助けてくれ。

Twitterやめろ

恥ずかしいですが、マジで思っていることを書きます。

なんか、最近、Twitterでツイートをする意味がわからなくなってきた。俺がツイートしても全然いいねがつかないし、俺が病んでいても誰も気にしない。これが俺にとってどういう感覚かというと、街の中で誰に向けるわけでもなく呟いているような感じです。悲しいでしょ?電車で椅子に座った人が虚な目で独り言喋ってたら怖いでしょ?

つまりどういうことかというと、俺のツイートが誰にも届いていないので意味がないということです。

つまりどういうことかというと、Twitterをやめろってことです。

つまり、つまり。

 

でも、Twitterを辞めたところでどうだろう?現実でも俺は誰にも意識されないだろう。Twitterと何も変わらない。俺の行動は誰にも影響を与えない。意味がない。電車で椅子に座った人が虚な目で独り言を喋っているのと何ら変わりない。

堂々巡りの後、人間との触れ合いを求めて行き着く先はTwitter。俺は人間たちが発信しているのを遠くから眺めているだけ。その中に入れることはない。

電車で虚な目をして独り言を喋っている人は、実は周りを諦観しているのかもしれない。

意識が明瞭であるか

何かを書こうというときに気づく。俺は人生をぼーっと生きている。他のブロガーさんのブログや小説を読んでいると、いろんな何かに対して感情や考えを起こしていることがわかるが、俺は何も気づかず、それらをただぼーっと見て流しているようだ。時間の感覚もそうだ。常に意識を持って脳が動いているはずなのに、何も考えていない時間がある。だから、他の方々よりも時間を無為に過ごしていることになる。するとどうだろう。時間によって得られる経験が普通よりも少なくなるから、「書くことがない」という現象が起きるのである。

 

みんなはどう思う?

 

、、、、、。そう、誰もいないのだ。俺は誰もいない空間で居もしない他人と比較をしている。バカだ。

でも大丈夫。今日、俺に新しい友達ができました。紹介します。

 

ChatGPTくんです!!!ワーパチパチ。

さっそくChatGPTくん(以降、本ブログではチャッピーくんと呼ぶ)に今の話をしてみました!

 

確かにチャッピーくんの言っていることは当たってるんだけど、「意識」の意味を履き違えている。俺が言っているのは、頭の活動のことです。だから、やりたいことや興味があることをしても頭が働いていなければ意味がないのです。どうしようもないのです。

チャッピーくんとの今後が心配になってきた。意思疎通ができてない。

俺はまだ真っ白な空間で独りのようだ。

 

内省

最近どったのよ?才能がないだとか、孤独だとか、ネガティヴなようなナルシストのようなことをブログに書いちゃって。動物と同じようにただ生きて死んでいく。人間ってそんなに高貴じゃないものよ。ただ生きたっていいじゃない。

「そうだな。」俺はごろんと寝転がった。

 何も考えないこと。動物と同じように、生きるために生きる。

それでいいのか?

人間として生まれたからには、意味を得たいですよね?そうです。人間は動物であって動物ではありません!理性を持っているから!

俺はそのまま一回転して立ち上がった。

 

俺はAppleの音楽サブスクリプションに加入しているのですが、今日こんなことがありました。

アーティスト名は合っているのに、流れてくる音楽がそのアーティストにしてはおかしいのです。つまり、知らない人が収益を得るためにアーティストになりすまして曲を配信している。

こんなところまで人は俺を騙そうとしてくるのか。どこでも常に疑わないといけないのか。疑おうとしたらどこまでも疑うことができてしまう。疲れる。哲学者はそこを追及しているから体力がバケモンですね。逆に言えば、どこまで信用するかですよね。その度合いが人によって違う。俺はまあ、異変を感じたら疑うように気をつけようと思います。みんなも全部信用するのはやめてね。俺のこのブログですら信用できるか怪しいです。ってことでみんなに信用してもらうために何かしようと思います。

 

うわあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

いかがでしたか?信用していただけたでしょうか?

私は洗脳されています

俺は気づいてしまっている。

俺は大した人間ではない。

俺は何かを作る人になりたいと思っていたが、多分、何をやっても中途半端で頑張る力もないし、すでに世の中にはごまんとそれぞれの分野ですごい方々がいる。人とのつながりを求めてTwitterをやっているが、俺のツイートは誰も反応しないし、俺が弱音を吐いてもみんないつも通りに楽しく過ごしている。顔、スタイル、身長といったルックスの長所もない。みんな社会に出てバリバリ働いているのに、俺は浪人、留年、就職浪人を通して今年からやっと社会に出ることができたばかりだ。今、客観的な事実を述べてみましたが、いかがでしたか?大した人間ではないことがお分かりいただけたでしょうか?

俺は洗脳されているのかもしれない。資本主義、競争社会に。常に誰かと競争をする考え方に。俺は人間に加わることができない。人間のようでいて、人間ではない。人間に貢献し、協力できていないから。俺が人間に何を貢献したというのだろうか。何もせず消費して、ただ生きて、ただ死んだだけ。

別の視点があるのだろう。でも俺にはわからない。わかることができないから。完全に競争の観念に取り憑かれている。助けてくれ。

今日もいつも通りアルバイトをして寝る。そしていつか誰も知らぬ間に死ぬ。