安田の長文ツイート

ツイッター:@xNelonex

クズです。

俺はクズだ。イジメられていたにも関わらず、自身もイジメに加担してしまった。ほぼ毎日自分がやったことを思い返しては、どうにもならない罪悪感に浸っている。

 

俺は幼稚園の頃からすぐに弄られただけで怒ってしまう未熟な面があり、数人からちょっかいを掛けられていた。小学校に入学してからはガジュマルの木の下で囲まれて殴られたり蹴られたりしていた。それから小学生高学年になってからは、授業でクラブに参加しなくてはならなかったため、ドッジボールクラブに参加したが、クラブの最初の顔合わせで遅刻してしまい、それを笑われたことに反応してしまったため、クラブ全体でイジメられるようになってしまった。いきなり横からスライディングで蹴られたり、殴られたり、ドッジボールの試合中に後ろから組まれてボールを当てられたりした。記憶力が悪いため、もうほとんどその頃のことは覚えてない。人は恨みを忘れないというが、俺はそうでもないらしい。悔しいような忘れられて良かったような。

 

中学生の頃は部活動に入りたいと思い、小さい頃に父親とテニスで遊んでいたことが影響してソフトテニス部に加入した。そこでも理由はわからないがイジメられた。悪口を直接言われる、スマッシュでボールを当てられそうになるなど、色々あったが全部は覚えていない。結局ソフトテニスの試合に出ることもなく、コートで練習することもなく、ただ壁打ちをしているだけだった。

 

そんな経験をしてきたにも関わらず、高校生になって俺はイジメに加担してしまった。

 

クラスに挙動不審でアイドルオタクの同級生がいて、俺は彼と授業中にお喋りをしたり、一緒に遊びに出かけたりする間柄であった。学校生活を送る中で、彼はクラスで挙動不審な行動が弄られており、俺はそこで止めるかほどほどに見張っておくかすれば良かったのだが、俺はあろうことかイジメに加担し、彼の挙動不審な行動をモノマネした。それがウケて周りからよくモノマネをリクエストされるようになり、頻繁に彼が見ている前でモノマネをすることが増えた。この時点で彼を傷つけていたのは言うまでもない。さらに俺は彼がツイッターアカウントを作成したときも、複数のアカウントを作成して彼のアカウントをスパム報告することですぐに凍結させた。さらにさらに、俺は彼の写真の顔を切り抜いてコラ画像を作成し、彼にメールで送った。その時は流石に彼に怒られて謝りはしたが謝って済む話ではない。俺が忘れているだけで他にも余罪があるかもしれない。高校三年生になった時、何故かはわからないが、彼のイジメとは別の理由で俺が周りから敵視されるようになった。そのため、反省も重なって彼をイジメることはなくなり、彼と話すこともなくなった。

 

その後、俺と彼を含めてクラスのほぼ全員が大学に進学し、彼に会うこともなくなった。彼は北海道の大学に進学するも、すぐに退学し、沖縄に戻って別の大学に進学したらしい。その後の情報はわからないが今も生きている。俺が今、彼を追える情報源はツイッターのみだ。彼のアカウントを外から見守っている。なぜか。俺がイジメたことを原因にして惨めな人生を送っていないか心配だからかもしれない。結局俺自身のためだ。俺が罪を意識しないための。俺はクソ野郎だ。彼に連絡を取って直接会い、謝ることもできるだろう。しかし、それが何になるのだろう。彼が負った傷が癒えることはないし、俺がしたことの罪は消えない。俺はこれからも反省し、犯した罪を意識し続けるだろう。

履歴書から逃走中

3/30日までに履歴書を2社に提出しなくてはならないが、全く手についていない。なぜか?ダラついた生活が身に染みてしまったからだ。まあ、もう言わずもがなですが、ここ数日は生活習慣が特に酷かった。まず朝の8時に起きる。何もやる気が出ないので二度寝。そして11時に起きるが眠気がすごくて3度寝。これを何回か繰り返して起きたのは18時。何度寝したかもうわからない。そして今日も一日を無駄にしてしまった罪悪感と寝すぎたことによる気分の悪さに苛まれる。でも、やるべきことに取り組むことができず、夜中の3時までツイッターyoutubeを徘徊する。

 

これでいいんですか?いや、よくない。

 

なんとか克服するために、今日は早く起きて(昼の12時。バーカ。)、何とか頑張って風呂入って、歩いて、コンビニで昼ご飯を買って食べた(天下一品のカップラーメン。バーカ。)。比較的早く起きて歩くことによって精神と体が動くようになった気がする。あとはやるべきことを果たすだけだ。

 

はい、言葉だけで動けません。履歴書を書こうという気にならない。やり始めるまでが難しい。書き始めるきっかけを作るために日記を書き始めたということです。前置きが長くなりました。それでは今回のブログを始めます。

 

最近はヴィクトールフランクルの「虚無感について」を読んでいる。その中で得られた知見を書いていこうと思う。一つは「幸福とは行動の結果についてくる副産物だ」ということだ。幸福は何か行動をした結果の副産物としてついてくるものであって、幸福自体を目的に行動してしまうと幸福が得られない。では何を目的に行動をするべきなのか。今はわからないが、とにかく今は自分がやるべき行動をこなしていこうと思う。

もう一つは「人間には常に適切な量の緊張が必要である」ということだ。確かに俺の経験ではあるが、何も迫っている期限がなくて、将来のことも考えなくて、緊張がなかった時は何にも手がつかず、ただただ無駄に時間を消費していた。今もそうかもしれない。就職活動や将来設計などの緊張があるのに、それらから逃げることによって、何も緊張がない状態を作り出しているのかもしれない。

あと200ページくらい残っているが、得られることが今までに読んだ哲学書よりも多いので、頑張って読もうと思う。もっと得られることがあったら、忘備録としてここに書き残すかも。

 

はい、刻はもう18時を回っていますが、頑張って履歴書を書こうと思います!みんなも安田を応援しよう!がーんばれ!がーんばれ!

 

自分で自分を応援して悲しくないか?

ツイッターやめてやる

俺のコミュニケーション能力のなさと才能のなさはすごいもので、現実どころかツイッターでも孤立している。

現実で話す相手がいないから、ツイッターに人との繋がりを求めてしまう。でも誰も俺に興味がない。ツイートしても誰も見ていない。街中で人が過ぎ去る中で一人で喋っているような感覚だ。バカらしくてしょうがない。

俺は本当にバカで、せっかく気分が良くなっても、ツイッターでツイートをしてしまい、誰からも反応が得られずに孤独を感じてまた気分が悪くなっている。まるで自傷行為だ。

ツイッターは見ているだけでも自傷行為に値する。ちやほやされているツイッタラー、俺以外と仲良くしているフォロワー、楽しそうな他人のツイート。全部俺には無いものだ。見ているだけで本当にイライラしてくる。でもやめられない。なぜだろうか?わからない。何回かやめようとしてツイッターのアカウントを消したが、また再開してしまう。他に頼るものがないからだろうか。わからない。

今日、またツイッターのアカウントを消した。今度こそやめてやる。こんな自傷行為はもういやだ。今度こそやめてやる。やめてやる。やめてやる。絶対に。

ぺえ

頭が悪いので上手くまとめられないが、別に誰も見ないから日記の感覚で書き残しておく。

 

何もやりたいことがない。前までやっていたことの一つに絵を描いていたことが挙げられるが、上達しないし、人間が嫌いになったのでやめた。漫画も読んでいたが、絵が上手い人たちを見ているとできなかった自分が惨めになるので読むのをやめてしまった。ブログも面白いことが書けないし誰も見ない。人生においてやり残したことはもう無い。そもそも何もやる気が起きない。病院で血液検査をしてもらったら、脂肪分が多いこと以外は健康だった。これから何十年もやりたいことも楽しいこともない毎日を過ごすと思うと嫌になる。

 

高校を卒業してから仲良くなった人は一人もいない。つまり7年間だ。何もやることができないのでツイッターを眺めているが、そのネットの中でさえ俺は孤立している。誰も俺のことに興味がない。そりゃそうか。何も持ってないから。容姿も良くないし何も才能がないから。コミュニケーション能力もない。でも、俺と同じような何も持っていない人たちもたくさんいるはずなのに、俺だけ孤立している。意味がわからない。俺みたいな何も持ってない人のはずなのに人に囲まれている人を見ると嫌気が差す。人に囲まれている人を見ているとイライラする。人が仲良くしているところを見ると嫉妬してしまう。人が嫌いになった。

 

人と触れることを辞めて何かに没頭することもできない。先述したように、何も才能がないし、やりたいこともないから。何もやりたいことがないからただただ寝てツイッターを見て嫉妬心を燃やしている。このまま30代になって何かを始めることすらできなくなって、ただただ生きるためだけに動くことを考えると死んだほうがいいんじゃないかと思う。でも死ぬのが怖い。正確には、この自意識が消える想像をすることができないのが怖い。

 

誰にも必要とされてない。就活が本当に嫌だ。俺が企業の採用担当だったら俺みたいなやつを採用しようと思わねえよ。俺って何?誰からも必要とされてないし、いてもいなくても同じ存在。俺って何?

 

自分の気持ちを整理するために書き留めたら少しは心情が良くなるかと思ったが、全然そんなことはなかった。それに、上手く自分の気持ちを書き出せたように思えない。

くだもの

くだものをできるだけあげてみよう!はじめ!

 

パンパン、りんご。パンパン、すいか。パンパン、めろん。パンパン、みかん。パンパン、きうい。パンパン、かき。パンパン、なし。パンパン、いちじく。パンパン、ぶどう。パンパン、ぱいなっぷる。パンパン、ばなな。パンパン、ますかっと。パンパン、いちご。

 

パンパン、きのう。パンパン、那覇ジュンク堂

パンパン、という。パンパン、本屋に行ったよ。

パンパン、そこで。パンパン、本を5冊買ったよ。

パンパン、ラインナップは。パンパン、漫画3冊と。

パンパン、「私はただ、「生きてる~!」って叫びたいだけだったんだ」と。

パンパン、「虚無感について 心理学と哲学への挑戦」。

パンパン、「私はただ~」は。パンパン、母親に勧められて買った。

パンパン、本人が買って読むことによって。パンパン、本人が活性化するらしい。

パンパン、母親は。パンパン、何冊か自分用に買ったらしい。

パンパン、とても。パンパン、胡散臭い。

パンパン、第一に。パンパン、「生きてる~!って叫びたい」という。

パンパン、タイトルに。パンパン、個人の人生観や幸福論が。

パンパン、押し付けられそうな。パンパン、イメージがある。

パンパン、まあ。パンパン、おかしい本ではなさそうなので。

パンパン、読んでみます。パンパン、もう一冊の「虚無感について」は。

パンパン、作者が。パンパン、アウシュヴィッツの。

パンパン、生還者らしい。パンパン、過酷な差別や殺戮のなかを。

パンパン、生き抜いて。パンパン、「生きる」ということを。

パンパン、全うしているはずなのに。パンパン、虚無感について。

パンパン、書き記すということは。パンパン、どういうことなのだろうか。

パンパン、精一杯生き抜いた人が書いた。パンパン、虚無感とは。

パンパン、気になります。パンパン、積ん読しないように。

パンパン、頑張ります。

パンパン、積ん読といえば。パンパン、最近読む気力が出なくて。

パンパン、本が100冊くらい。パンパン、積み上がっております。

パンパン、どうせ読まなかったら。パンパン、どうせ死んだら。

パンパン、本なんて意味がなくなるのに。

パンパン、これも虚無感だろうか。

パンパン、今回買った「虚無感について」に。

パンパン、ヒントがありそうだ。

ドーナツはあきらめるな。

いつものように部屋の中をゴムまりのごとく跳ね回っているとき、ふと思い立った。

 

ミスタードーナツが食べてえ

 

ここから5キロメートルも離れたスーパーの中にあるミスタードーナツから甘い誘惑が飛んできたのだ。すぐに着替えてミスドに向かった。

 

都会ではミスタードーナツが減ってきているようだが、田舎では依然として人気だ。その理由として競合他社であるドーナツ店が少ないことが挙げられると思う。でも俺はね、声を大にして言いたい。「ミスタードーナツが美味いからじゃ!!」

 

20分でミスタードーナツに着弾。早速店内に入る。ほら見ろ。任意のウイルス禍であるというのに、ドーナツのケースの前には客が四人ほど並んでいる。俺も最後尾に急いで並ぶ。早くドーナツを選びたい。ドーナツたちが選ばれるのを体育座りで待っている。

 

俺の二つ前に並んでいたおばさんが期間限定のショコラサンバを選ぼうとしていた。しかし、ドーナツが入った箱同士が引っかかって取ることができない。おばさんは箱を動かして外そうとしていたがついには諦めてしまった。

 

そのあと、おばさんの次に並んでいたお兄さんが器用に箱を動かして、おばさんが諦めたショコラサンバを獲得した。その時だ。その様子を見たおばさんがケースの前に戻って外れたもう片方のショコラサンバを取ったのだ。

 

おばさん!それでええんか!?

自分の力で道を切り開くことを諦めて、他の誰かが開けた道を通るんか!?

甘いドーナツという報酬は自分の力で得るものではないだろうか?

 

ドーナツはあきらめるな!!!

 

俺は箱がついていなくて取りやすいダブルショコラを選びました。あと、俺は今無職なのでお金は親のものであります。自分の力で得たものではありません。

 

早く就職してえ。

あきらめます。

悪いけどまた愚痴らせてください。明るい記事が読みたい方はブラウザバック!

 

結論から言わせてもらうと、「ITを諦めよう」と思う。

 

俺の今までのクソ投稿を見てもらえばわかると思うが、いや、見なくていいです。ここで説明させてください。大学4年生の時に就活をするべきだったのに、卒業研究が忙しいだとか、パニック障害が苦しくて動けないだとか、理由をつけて就活をしなかった。おかげで既卒で就活を始めた今年度は11社受けて内定はゼロだ。

 

就活をするにあたって、俺には3つの負の要素がまとわりついている。大学に落ちたことによる浪人1年、留年による1年、既卒による1年だ。もう新卒で就職するのは無理なのではないだろうか?1社も内定をもらっていないから、自信がもうない。そして現在は1月。新卒の求人はもう無いだろう。

 

だから、中途採用を募集している求人サイトに登録しようとしたのだが、職歴を書かないと入会できないらしい。俺には職歴がない。無理やりコンビニでのアルバイト経験で埋めた。アルバイトは職歴に入らないから本当はダメだよね。入会して俺の志望職種であるITの仕事を探してみるが、全然ない。あったとしても、ITに関する経験が13年あることが条件となっている。ハローワークでもそうだ。

 

2社だけ未経験でも応募できる企業があったので応募してみたが、ダメでした。職務経歴書にアルバイト経験を書くのは滑稽に見える。

 

新卒では3つの負の要素で落ちる、中途採用では未経験で落ちる。もう無理なんじゃないだろうか。どうすればいいのかわからない。

 

ITを諦めたとして、どの職種を狙えば良いのだろうか。まともな答えが出ないとわかっていたとしても、グーグル先生に頼ってしまう。グーグル先生に紹介されたサイトで職業を見てみたが、どれもスキルが貯まるようには見えない。俺は将来への生活の不安があり、経験が活きてスキルが貯まる職業がしたいと考えている。そう考えるとやはりIT以外に道はないように思えるのだ。かといって、ここまで就職で苦労してまでITがやりたいとは思わない。踏ん切りをつけてITを諦めてみようか。

 

介護職か、スーパーの店員を探してみようか。もう人生どうでもいいわ。食えるだけでいい。俺はプライドでITを受け続けているのかもしれない。IT以外の職業はスキルが貯まらないと決めつけているのかもしれない。家族に期待されている俺がスキルのたまらない仕事をすることが申し訳ないと思っているのかもしれない。そんなクソみてえなプライドのためにITを目指して苦労するなら諦めたほうがいいような気がしてきている。

 

オチはありません。ごめんなさい。